中村策「アムステルダム」(1)
5f5c417b93f6192713b9cd64 5f5c417b93f6192713b9cd64 5f5c417b93f6192713b9cd64

2021/09/20 23:59 まで販売

中村策「アムステルダム」(1)

¥22,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

※送料別。配送は宅急便での着払いとなります。 2020 キャンバスにアクリル絵の具 22×7.5×2cm 【2020年9月「絵画を考える ー水を描くー」展示作品】 ●「アムステルダム 1~4」コメント 一番好きな街はと問われたら、(トレドは別格として)圧倒的にアムステルダムだな、と思いました。30年前です。それ以来一度も訪れていません。もうパスポートさえ、どこかへいってしまいました。 ▼作家インタビュー ●「水を描く」というテーマで展覧会へのお誘いをいたしましたが、初めに何を想いましたか?  多様な視覚的イメージを強く喚起する、可能性に富んだテーマだと思いました。 ●本テーマで取り組んだ新作について、どのように取り組まれましたか? 実際の水を観察することはせずに、自分の中のイメージをもとにして制作を進めました。念頭にあったのは、雲、氷、湖、深海、運河、などです。 ●展示作品のこと、新たに試みたことや特にこだわった部分があればお聞かせください。 同じ一つの根っこから、別々の方向に枝分かれして育ったように、トーンの違う2種類の絵になりました。氷と、水蒸気ほどには違わないと思います。 ●あなたにとって「絵画」とは何でしょうか。 例えば、歌や、詩やダンスのような、とてもべーシックな表現形式のひとつだと思います。 ●コロナ禍ではございますが、今後の活動の目標や挑戦したいこと、制作の姿勢などをお聞かせください。 コロナも心配ですが、加齢のため、腰、膝、肘など関節周りがすぐに不調になります。なるべく長く、大事に使っていきたいです。絵を描くことは、ダンスの一種だと思っているので。 ●略歴 1970  神奈川県出身 1993  東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 個展 2017  仏蘭西厨房「かえりやま」(企画:工房 親) 1999  工房 親  (東京) (2000,2001,2006) グループ展 2019  「絵画を考える - 音を描く - 」 2018  「絵画を考える - 時を描く - 」 2017  「絵画を考える - KO・DA・WA・RI - 」 2016  「絵画を考える - 作家のフィールド - 」 2015  「絵画を考える - 自然 - 」 2010  「絵画を考える - 10人の視覚提言 - 」